時刻・ダイヤ


列車時刻表


 右のリンクより、瑞霞電鉄の列車時刻表をダウンロードすることができます。→http://yahoo.jp/box/iiII4f

 瑞霞電鉄の列車時刻表は、本線系統(瑞島本線[見霄ヶ崎~盛冬間]、霞島本線、畝波本線、学園支線)の列車時刻表が掲載されたページ支線系統(雪皇支線、高校支線、瑞島本線[盛冬~雲葉岬間]、果最島支線)の列車時刻表が掲載されたページ、日朱支線の列車時刻表が掲載されたページから構成されております。

 

  • 本線系統
    • 【下り】見霄ヶ崎・霜峰→上根振→香澄中央→霖山温泉・国立研究所
    • 【上り】国立研究所・霖山温泉→香澄中央→上根振→霜峰・見霄ヶ崎
  • 支線系統
    • 【下り】北雪皇→雪皇→雪皇高校前・雲葉岬・果最島造船所
    • 【上り】果最島造船所・雲葉岬・雪皇高校前→雪皇→北雪皇
  • 日朱支線
    • 【下り】日朱基地→日朱町
    • 【上り】日朱町→日朱基地

駅時刻表イメージ


列車番号について


 瑞霞電鉄において運行される列車は、全ての列車に列車番号が与えられます。列車番号は、1日(4:00~27:59)を通して同じ列車番号を与えられることはありません。全ての列車に異なった列車番号が与えられます。

 

 列車番号は、種別により次のルールに基づいて自動的かつ機械的に与えられます。

 

◆下位種別(急行・快速・普通列車)

  • 千位・百位は発車時刻・運転区間を表す。
    • 千位の0は表記しない。
    • 発車時刻は、24時間表記とし、4時~27時(翌日3時)とする。
    • 運転区間は、学園支線直通列車又は高校支線直通列車、瑞島本線直通列車、霞島本線ないし畝波本線内完結列車又は日朱支線直通列車の順に優先され、以下の数字を付与する。
      • 学園支線直通列車又は高校支線直通列車は+6000を付与する。
      • 瑞島本線直通列車は付与をしない。
      • 霞島本線ないし畝波本線内完結列車又は日朱支線直通列車は+3000を付与する。
    • 臨時列車は28**~29**、58**~59**~、88**~89**とし、発車時刻による区別を行わない。
  • 十位、一位は発車順序・列車種別・運転区間を表す。
    • 急行列車は00~19を使用する。
    • 快速列車は20~39を使用する。
    • 本線系統普通列車は40~69を使用する。
    • 支線系統普通列車は70~99を使用する。
    • 上記のルールに基づき、同一発車時刻・同一運転区間では小さい数字から順に、下り列車は奇数、上り列車は偶数の数字を与える。

 

◆上位種別(特別・通学・通勤列車)

  • 千位は「◆下位種別」の項より運転区間の区別方法を用いて表す。
  • 百位は種別を表す。
    • 特別列車は0を使用する。
      • 千位が0(表記なし)の場合は表記しない。
    • 通学列車は1を使用する。
    • 通勤列車は2を使用する。
    • 貨物列車は3を使用する。
  • 十位、一位は発車順序・列車種別・運転区間を表す。
    • 本線系統完結列車は00~69を使用する。
      • 千位・百位が0(表記なし)の場合、十位が0のときはこれを表記しない。
      • 列車番号「0」の設定は行わない。
    • 支線系統直通列車は70~99を使用する。

 

◆回送列車

  • 千位は9とする。
  • 百位は「◆下位種別」の項より運転区間の区別方法を用いて表す。
  • 十位・一位は種別による区別を行わないが、系統による区別を行い、小さい数字から順に、下り列車は奇数、上り列車は偶数の数字を与えて表す。
    • 本線系統列車は00~69を使用する。
    • 支線系統列車は70~99を使用する。

 

長々と書きましたが、分かり辛いので下に早見表を掲載しておきます。