1000形・1100形電車

概要


■はじめに

 1950年代末、瑞霞諸島の復興に伴い、本線系統において旅客数が増加傾向にありました瑞霞電鉄では、1両編成の列車では快適な輸送を提供できかねることから、2両固定編成の車両の登場が求められました。

 同時に従来の車両との互換性を確保するため、1両編成の1100形電車も登場しました。

■エクステリア



 車体は鋼製車体です。前面上部に単灯前照灯、腰部に尾灯を配するシンプルなスタイルとし、床下を排障器で覆い、扉数は2箇所と従前の車両と同様の構成としています。1000形電車は片運転台となりましたことにより、座席が1列増加しました。

 車体色には瑞霞電鉄を表す濃紅に黄色の帯を巻かせています。

■インテリア


 座席は引き続き転換クロスシートを採用しました。座面は小豆色、床を灰色、壁面をクリーム色として落ち着いた空間としています。1000形・1100形電車は空調機器を備えていないことから、夏場は扇風機を稼働させています。

 

■機器類

 制御方式は抵抗制御方式です。1000形電車、1100形電車共に1C4M方式を採用し、各車両に搭載することにより、従来の車両と同様の構成としています。

 台車はインダイレクトマウント方式を初採用しました。急曲線に強いこの台車は今後登場する車両にも引き継がれています。

 1970年に1000形・1100形電車共に電気連結器を追加する改造が施されました。これによりジャンパ連結器は通常時において使用されなくなるため、機器類を全てカバーの中に収めました。さらに、塩害の影響を少しでも抑えるために前面の開口部も塞ぎました。

 1000形・1100形電車は霖ヶ浦~霖山温泉間・雲葉岬~月映間の連続勾配に対応するために発電ブレーキを備えており、瑞霞電鉄全線において運用が可能となりました。



■性能

 加速度は2.5km/h/s、最高速度は60km/h、主電動機の出力は75kWです。霖ヶ浦~霖山温泉間にある25‰の上り勾配を40km/hの速度で駆け上がれるように、歯数比は82:17≒4.82としています。

■おわりに

 1000形・1100形電車は海沿いを走ることから塩害による老朽化の影響を避けることはできず、1400形の導入が始まった1975年より順次廃車が始まり、置き換え完了と同時に形式消滅となりました。

Q&A


Q. 西にある国に似たような車両がありますよね?

A. ありますね。

 

Q. 前面など、ほとんどクリソツですよね?

A. ええ、まあ、シンプルかつ機能的なスタイルですから、似てしまうこともありますよね。

 

Q. パクったでしょう?

A. いいえ。日本国の京浜急行電鉄1000形電車と違い、瑞霞電鉄の1000形はアンチクライマーはありませんし、クロスシートですし、排障器は側面にも装備しておりますし、差し色は黄色ですし、そもそも14m級ですから。

 

Q. 誰もその車両とは言っていないのですが?

A. ……

主要諸元表


定員

1000形・1050形:各92人(座席48人+立席44人)

1100形:84人(座席44人+立席40人)

 連結面間距離

14650 mm

車体長

14050 mm

車体幅

2750 mm

車体高

4000 mm

台車中心間距離

8650 mm

固定軸距

2000 mm

主電動機

75 kW × 4 / 両

制御方式

抵抗制御

加速度

2.5 km/h/s

減速度

5.0 km/h/s

最高運転速度

60 km/h

車体

鋼製